ニュース

PCIeリタイマーの世界市場調査レポート:規模、現状、予測2024-2030

発表時期: 2024-02-08 | 読書回数: 927

リタイムはデジタルとアナログの装置である。信号を受信し、そのデジタル部分を抽出した後、双方向に、別々に訓練されたリンクとして再生成します。したがって、元々存在していたノイズ(およびジッターなどのその他の不完全性)は除去され、再生成された信号から再出発するようなものです。

PCIeリタイマーは通常、集積回路(IC)チップとして実装され、PCB上に配置することでPCIeバスの長さを延長します。特に、コネクタを経由してケーブルや別のPCBに接続され、さらに別のPCB(ミッドプレーンやバックプレーンレイアウト)に接続される場合に使用されます。相互接続、PCB/ケーブルの変更などによって生じる不連続性は、反射を発生させ、シンボル間干渉を増加させます。このような信号の課題により、これらの不連続性を克服する何らかのアクティブ回路がなければ、PCIe 信号はエンドポイントにおいて、エラーなしに(またはエラーの高いリスクなしに)受信することができないほど貧弱になります。そのアクティブな回路がRetimerである。これはPCIe信号を入力とし、あたかも新しいPCIeデバイスであるかのように、双方向に再生成された信号を出力する。

QYResearchが発行した最新市場調査レポート「PCIeリタイマー―グローバル市場シェアとランキング、全体の売上と需要予測、2024~2030」によると、PCIeリタイマーの世界市場規模は2029年までに1.58十億米ドルに達し、予測期間中の年平均成長率は34.7%と予測されている。

PCIeリタイマーの世界市場規模(百万米ドル)、2018~2029年

PCIeリタイマー

QYResearch社の調査に基づいている、または含まれています: PCIeリタイマーの世界市場レポート 2023-2029.

 

  PCIeリタイマー世界トップ6社ランキングと市場シェア(2021年データに基づく、随時更新中)

 PCIeリタイマー

QYResearch社の調査に基づいている、または含まれています: PCIeリタイマーの世界市場レポート 2023-2029.

 

PCIeリタイマーの世界の主要メーカーには、Astera Labs、Renesas Electronicsなどが含まれる。2021年、世界の上位3社の売上高シェアは約82.0%であった。

QYResearchについて

QYResearchは2007年に米国カリフォルニア州に設立された、世界有数の市場調査・コンサルティング会社です。16年以上の経験と世界各都市の専門調査チームにより、QYリサーチ社は経営コンサルティング、データベース、セミナーサービス、IPOコンサルティング、業界チェーン調査、カスタマイズ調査に重点を置き、クライアントに非線形収益モデルを提供し、成功に導くお手伝いをしています。QYリサーチは、その幅広いサービスポートフォリオ、良き企業市民としての姿勢、持続可能性への強いコミットメントにより、世界的に認められています。現在までに、世界5大陸で60,000社以上のお客様とお取引をさせていただいております。お客様と密接に協力し、大胆でより良い未来を築いていきましょう。

QYResearchは世界的に有名な大規模コンサルティング会社です。半導体産業チェーン(半導体設備と部品、半導体材料、IC、ファウンドリー、パッケージングとテスト、ディスクリートデバイス、センサー、オプトエレクトロニクスデバイス)、太陽光発電産業チェーン(設備、セル、モジュール、補助材料ブラケット、インバーター、発電所端末)、新エネルギー自動車産業チェーン(電池と材料、自動車部品、バッテリー、モーター、電子制御、自動車用半導体など)、通信産業チェーン(通信システムと部品、自動車部品、バッテリー、モーター、電子制御、自動車用半導体など)にまたがる様々なハイテク産業チェーンの市場セグメントをカバーしています。 通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、IoT、デジタル経済、AI)、先端材料産業チェーン(金属材料、高分子材料、セラミック材料、ナノ材料など)、機械製造産業チェーン(CNC工作機械、建設機械、電気機械、3Cオートメーション、産業用ロボット、レーザー、産業用制御、ドローン)、食品・飲料・医薬品、医療機器、農業など。

 

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.qyresearch.co.jp/reports/788909/pcie-retimers

■世界トップレベルの調査会社QYResearch
https://www.qyresearch.co.jp
■本件に関するお問い合わせ先
QY Research株式会社
日本現地法人の住所:〒104-0061東京都中央区銀座6-13-16銀座WallビルUCF5階
TEL:050-5893-6232(JP);0081-5058936232
マーケティング担当 japan@qyresearch.com

 

 

connect 関連レポート
最も専門的なデータ分析
最高品質のアフターサービス
委託調査

当社から購入のメリット

  • サンプル(英語、日本語)を提供する

    01

    サンプル(英語、日本語)を提供する

  • 専門的な日本語翻訳を提供する

    02

    専門的な日本語翻訳を提供する

  • ご購入頂いた商品の請求書払いが可能です

    03

    ご購入頂いた商品の請求書払いが可能です

  • ご希望のチャプターのみで購入可能

    04

    ご希望のチャプターのみで購入可能

  • ご購入頂いた後、アナリストに直接問い合わせることができます

    05

    ご購入頂いた後、アナリストに直接問い合わせることができます

ご注文方法

請求書払いの場合:

  • yuan01
  • yuan01
  • yuan01
  • yuan01
  • yuan01

クレジットカード決済の場合:

  • yuan01
  • yuan01
  • yuan01
  • yuan01

最近の訪問