ニュース

ビデオ光送信機の世界市場レポート2023-2029

発表時期: 2024-02-21 | 読書回数: 815


ビデオ光送信機 市場概要

QYResearchが発行した最新市場調査レポート「ビデオ光送信機の世界市場レポート 2023-2029年」によると、ビデオ光送信機の世界市場規模は2029年までに1.4億米ドルに達し、予測期間中の年平均成長率は4.5%になると予測されています。

ビデオ光送信機は、光ファイバケーブルでビデオ信号を送信するための装置である。これらのデバイスは、電気ビデオ信号を伝送用の光信号に変換し、監視、放送、ビデオ配信システムで一般的に使用されている。ビデオ光送信機には、長距離伝送、電磁干渉への耐性、高品質のビデオ信号など、いくつかの利点があります。ビデオ光トランスミッターは、サポートするビデオチャンネル数や追加機能など、特定の用途や機能に基づいて分類することができます。

 ビデオ光送信機

写真はATENより

図.   ビデオ光送信機の世界市場規模(百万米ドル)、2018年~2029年

 ビデオ光送信機

QYResearchの調査に基づいているか、含まれています:ビデオ光送信機の世界市場レポート 2023-2029

市場促進要因

ビデオ監視需要の拡大 公共部門と民間部門の両方でセキュリティと監視システムのニーズが高まっていることが、ビデオ光送信機の主な原動力となっている。これらのデバイスは、長距離のビデオ信号伝送を可能にし、セキュリティと監視機能を強化する。

高画質ビデオ伝送: 高画質ビデオコンテンツへの需要が高まり続ける中、ビデオ光送信機は、鮮明で詳細なビデオ画像を配信する上で重要な役割を果たしています。これは、法執行、交通管理、重要なインフラ監視など、画像の鮮明さが重要なアプリケーションにおいて特に重要です。

長距離伝送要件: ビデオ光送信機は、都市全体の監視、交通システム、遠隔監視など、長距離ビデオ伝送を必要とする用途に適しています。光ファイバーケーブルは、長距離の信頼性の高い伝送を可能にします。

制約

初期投資の高さ: ビデオ光送信機は、機器自体も設置プロセスも高額になる可能性がある。この初期投資は、予算が限られている中小企業や組織にとって、この技術の採用を躊躇させる可能性がある。

技術的な複雑さ:ビデオ光送信機の設置や保守には専門的な技術知識が必要であり、一部のユーザーにとっては障壁となりうる。さらに、技術の急速な進化により、継続的な更新やアップグレードが必要となり、技術サポートの複雑さが増す可能性がある。

光ファイバー配線: 光ファイバーケーブルの設置やメンテナンスは、従来の同軸ケーブルよりも複雑な場合があります。

機会

5G通信サポート: 5G通信ネットワークの拡大に伴い、広帯域で低遅延のビデオ伝送に対する需要はさらに高まる。ビデオ光送信機は、5Gネットワークに信頼性の高い高精細ビデオ伝送を提供し、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)、遠隔医療などのアプリケーションをサポートすることができる。

スマートシティとIoT: スマートシティ構想とIoTアプリケーションは、大規模なビデオ監視とデータ伝送を必要とします。ビデオ光送信機は、スマートシティとIoTエコシステムの構築に不可欠なコンポーネントとなる。

遠隔医療と遠隔教育: 遠隔医療と遠隔教育の需要は増加傾向にあり、ビデオ光送信機は高品質のビデオ伝送を提供することで、遠隔医療診断とオンライン教育をサポートできる。

図.   ビデオ光送信機の世界トップ8社ランキングとシェア(随時更新)

 ビデオ光送信機

QYResearchの調査に基づいているか、含まれています:ビデオ光送信機の世界市場レポート 2023-2029

ビデオ光送信機の世界の主要メーカーには、Kramer、Bueno Electricなどが含まれる。2022年、世界の上位3社の売上高シェアは約39.0%であった。

図.   ビデオ光送信機、世界市場規模、製品セグメント別内訳

 ビデオ光送信機

QYResearchの調査に基づいているか、含まれています:ビデオ光送信機の世界市場レポート 2023-2029

製品タイプ別では、現在8-CHが最大のセグメントで、56.8%のシェアを占めている。

図.   ビデオ光送信機、世界市場規模、アプリケーションセグメント別分割

 ビデオ光送信機

QYResearchの調査に基づいているか、含まれています:ビデオ光送信機の世界市場レポート 2023-2029

製品の用途別では、現在、スマート・ビルディングが最大のセグメントで、31.3%のシェアを占めている。


QYResearchについて

QYResearchは2007年に米国カリフォルニア州に設立された世界的な市場調査とコンサルティングのリーディングカンパニーです。16年以上の経験と世界各都市の専門調査チームにより、QYResearchは経営コンサルティング、データベース、セミナーサービス、IPOコンサルティング、業界チェーン調査、カスタマイズ調査に重点を置き、クライアントに非線形収益モデルを提供し、成功に導くお手伝いをしています。QYResearchは、その幅広いサービスポートフォリオ、良き企業市民としての姿勢、持続可能性への強いコミットメントにより、世界的に認められています。現在までに、世界5大陸で60,000社以上のお客様とお取引をさせていただいております。皆様とともに、大胆でより良い未来を築いていきましょう。

QYResearchは世界的に有名な大規模コンサルティング会社です。半導体産業チェーン(半導体設備と部品、半導体材料、IC、ファウンドリー、パッケージングとテスト、ディスクリートデバイス、センサー、オプトエレクトロニクスデバイス)、太陽光発電産業チェーン(設備、セル、モジュール、補助材料ブラケット、インバーター、発電所端末)、新エネルギー自動車産業チェーン(電池と材料、自動車部品、バッテリー、モーター、電子制御、自動車用半導体など)、通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、光通信モジュール)、通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光通信モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、光通信モジュール)など、様々なハイテク産業チェーンの市場セグメントをカバーしています。 通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、IoT、デジタル経済、AI)、先端材料産業チェーン(金属材料、高分子材料、セラミック材料、ナノ材料など)、機械製造産業チェーン(CNC工作機械、建設機械、電気機械、3Cオートメーション、産業用ロボット、レーザー、産業用制御、ドローン)、食品・飲料・医薬品、医療機器、農業など。

■レポートの詳細内容・無料サンプルお申込みはこちら
https://www.qyresearch.co.jp/reports/925727/video-optical-transmitters

■世界トップレベルの調査会社QYResearch
https://www.qyresearch.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ先
QY Research株式会社

日本現地法人の住所: 〒104-0061東京都中央区銀座 6-13-16 銀座 Wall ビル UCF5階
TEL:050-5893-6232(JP);0081-5058936232
マーケティング担当 japan@qyresearch.com

 

connect 関連レポート
最も専門的なデータ分析
最高品質のアフターサービス
委託調査

当社から購入のメリット

  • サンプル(英語、日本語)を提供する

    01

    サンプル(英語、日本語)を提供する

  • 専門的な日本語翻訳を提供する

    02

    専門的な日本語翻訳を提供する

  • ご購入頂いた商品の請求書払いが可能です

    03

    ご購入頂いた商品の請求書払いが可能です

  • ご希望のチャプターのみで購入可能

    04

    ご希望のチャプターのみで購入可能

  • ご購入頂いた後、アナリストに直接問い合わせることができます

    05

    ご購入頂いた後、アナリストに直接問い合わせることができます

ご注文方法

請求書払いの場合:

  • yuan01
  • yuan01
  • yuan01
  • yuan01
  • yuan01

クレジットカード決済の場合:

  • yuan01
  • yuan01
  • yuan01
  • yuan01

最近の訪問