ニュース

片面フィラメントテープ産業調査:2029年までに9.6億米ドルに達する見込み

発表時期: 2024-07-11 | 読書回数: 335
QYResearchが発行した片面フィラメントテープ産業調査報告書によると、本レポートは市場データ、市場ホットスポット、政策計画、競争情報、市場展望予測、未来発展動向などを網羅し、片面フィラメントテープ産業の方向性、新興ホットスポット、市場空間、技術動向、未来発展動向などを予測する。

片面フィラメントテープの世界全体市場規模

QYResearchの調査チームによる最新レポート「片面フィラメントテープの世界市場レポート 2024-2030年」によると、片面フィラメントテープの世界市場規模は2029年までに9.6億米ドルに達し、今後数年間の複合年間成長率(CAGR)は3.2%に達すると予測されている。

片面フィラメントテープの世界全体市場規模
製品の定義

片面フィラメントテープは、片面をガラス繊維フィラメントで補強したテープである。高強度、高耐久性、耐引裂性、耐伸縮性が要求される様々な用途で一般的に使用されています。

テープは、通常ポリプロピレンまたはポリエステル製の裏打ち材で構成され、その中にガラス繊維フィラメントが埋め込まれている。フィラメントはテープにさらなる強度と剛性を与え、引張強度を高め、簡単に伸びたり切れたりするのを防ぐ。

QYResearch本社リサーチセンターによると、片面フィラメントテープの世界メーカーには、3M、Intertape Polymer Group (IPG)、Tesa、Kingnodeなどがあり、2022年の世界シェアは上位3社で約20.0%を占めている。

片面フィラメントテープ世界市場規模、製品タイプ別では合成ゴムが優勢
製品タイプ別では、合成ゴムが約59.7%のシェアを占め、現在最も優勢なセグメントとなっている。

シングルフェーサーフィラメントテープの世界市場規模、用途別セグメントでは、パッケージングが5%のシェアで最大の川下市場となっている。
製品用途別では、現在パッケージングが約25.5%のシェアを占め、最も有力な需要源となっている。

主な推進要因

片面フィラメントテープは、包装、建築、自動車、エレクトロニクス、その他の産業で広く使用されている。これらの産業からの需要の高まりが市場の成長を後押ししている。

主な阻害要因。

片面フィラメントテープ市場の需要は、工業・製造業に大きく依存している。したがって、これらの産業の成長は市場の需要に直接影響を与える可能性がある。


業界の機会。

シングルコート・フィラメント・テープは接着強度に優れ、強力な接着を必要とする用途に適している。この特性は、高い強度と耐久性を必要とする産業で特に重要である。

グローバル片面フィラメントテープに関する調査レポート, 2024年-2030年の市場推移と予測、会社別、地域別、製品別、アプリケーション別の情報』は片面フィラメントテープの市場生産能力、生産量、販売量、売上高、価格及び今後の動向を説明します。世界市場の主要メーカーの製品特徴、製品規格、価格、販売収入及び世界市場の主要メーカーの市場シェアを重点的に分析する。過去データは2018年から2022年まで、予測データは2024年から2030年までです。

【総目録】

第1章:報告の範囲、世界の総市場規模(売上、販売量、価格)を紹介する。本章では市場のダイナミクス、最新動向、市場促進要因と制約要因、業界の製造業者が直面する課題とリスク、業界の関連政策の分析も提供する。

第2章:片面フィラメントテープメーカーの競争状況、価格、販売および売上の市場シェア、最新開発計画、合併および買収情報などについて、詳細な分析を提供する。

第3章:製品タイプ別の分析を提供し、各市場セグメントの市場規模と開発ポテンシャルをカバーし、企業が異なる市場セグメントでブルーオーシャン市場を見つけるのに役立つ。

第4章:用途別の分析を提供し、各市場セグメントの市場規模と開発ポテンシャルをカバーし、企業が異なる下流市場でブルーオーシャン市場を見つけるのに役立つ。

第5章:地域別での片面フィラメントテープの販売量、売上を紹介する。各地域の市場規模と開発ポテンシャルを定量的に分析し、世界各国の市場開発、将来の発展の展望、市場空間、各国の市場規模を紹介する。

第6章:国別での片面フィラメントテープの販売量、売上を紹介する。各国・地域ごとに製品タイプ別および用途別の重要データを提供する。

第7章:主要企業のプロファイルを提供し、市場における主要企業の基本情報を詳細に紹介する。製品の販売量、売上高、価格、粗利益率、製品紹介、最近の開発などが含まれる。

第8章:産業チェーンの分析を提供し、業界の上流と下流を含む。

第9章:結論。

 

なお、レポートにおいてはサンプルのお申し込みもできます。
QYResearch(QYリサーチ)は2007年に設立され、主な事業内容は、市場調査レポート、リサーチレポート、F/S、委託調査、IPOコンサル、事業計画書などの業務を行い、お客様のグローバルビジネス、新ビジネスに役に立つ情報やデータをご提供致します。米国、日本、韓国、中国、ドイツ、インドの6カ国に拠点を持ち、世界30か国以上においてビジネスパートーと提携しています。今までに世界160ヵ国以上、6万社余りに産業情報サービスを提供してきました。

■世界トップレベルの調査会社QYResearch
https://www.qyresearch.co.jp
■本件に関するお問い合わせ先
QY Research株式会社

日本現地法人の住所: 〒104-0061東京都中央区銀座 6-13-16 銀座 Wall ビル UCF5階
TEL:050-5893-6232(JP);0081-5058936232
マーケティング担当 japan@qyresearch.com


 
connect関連レポート
最も専門的なデータ分析
最高品質のアフターサービス
委託調査

当社から購入のメリット

  • サンプル(英語、日本語)を提供する

    01

    サンプル(英語、日本語)を提供する

  • 専門的な日本語翻訳を提供する

    02

    専門的な日本語翻訳を提供する

  • ご購入頂いた商品の請求書払いが可能です

    03

    ご購入頂いた商品の請求書払いが可能です

  • ご希望のチャプターのみで購入可能

    04

    ご希望のチャプターのみで購入可能

  • ご購入頂いた後、アナリストに直接問い合わせることができます

    05

    ご購入頂いた後、アナリストに直接問い合わせることができます

ご注文方法

請求書払いの場合:

  • yuan01

    レポート選択

  • yuan01

    見積もり依頼

  • yuan01

    メールでのご注文

  • yuan01

    入手(英語版は2〜4営業日、日本語版は8〜10営業日)

  • yuan01

    決済(後払い)

クレジットカード決済の場合:

  • yuan01

    レポート選択

  • yuan01

    ウェブサイトでのご注文

  • yuan01

    決済

  • yuan01

    入手(英語版は2〜4営業日、日本語版は8〜10営業日)

連絡先

QY Research株式会社

東京都中央区銀座 6-13-16 銀座 Wall ビル UCF5階(郵便番号104-0061)

メールボックス:

japan@qyresearch.com

お問い合わせ
biao_l
専門的な品質 のレポート、 産業展望分析 投資顧問 レポート、 データ分析 、オンライン レポート アクセスを提供しています。
biao_r
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Linkedin
  • MasterCard
  • Visa
  • AmericanExpress
  • JCB
  • Discover
  • Diners Club
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Linkedin